スポンサーサイト

  • 2017.07.27 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    2015.4.11西日本原告団・支える会西日本の立ち上げ集会から

    • 2015.06.16 Tuesday
    • 23:15

    ブログの立ち上げに先んじて

    4月11日に行われた西日本原告団・支える会西日本の立ち上げ集会から
    報告をお伝えします。




    みなさまのご協力があって、

    623日の裁判開始に向け西日本の原告たちが一堂に集まり、

    支援する体制も整えることができました。

    心からお礼を申し上げます。

     
    「支える会ニュース」《結成報告》

    ◆「子ども脱被ばく裁判」西日本原告団を結成しました。


    「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本を結成しました。

     
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    2015年4月11日  1:30〜4:30  高槻市立総合市民交流センターにて

     
    第一部  裁判開始にあたって 記念講演  井戸謙一弁護団長

    資料に沿って、主な項目を挙げます

    )[Г之茲瓩進射線管理区域とすべき場所に、子どもたちが暮らしている現実を示す。(原告が暮らす地域の実測線量と法律との対比)

    ∧‥膰民健康調査の結果推移と福島第一原発事故以前の甲状腺がん発生率の対比

    すでに健康被害は始まっているのではないか

    と錣个対策:ベラルーシ・ウクライナと日本の違い

    セ故から25年間、ウクライナ汚染地帯での心臓病死は10mSv毎に、2,3割増加

    Ε札轡Ε137が体内にたまると、心電図異常が増える(ベラルーシの例から)。南相馬で小中学生527名中69名から1030Bq/gのセシウム137を検出(朝日新聞2011.10.25

    Ц暁被爆者・マヤーク核技術施設労働者・チエルノブイリ除染労働者の追跡調査によれば脳血管疾患発病率は原爆データーの7倍。

    ┿匐|θ錣个裁判の原告数201名。



    講演内容を少しずつご紹介します。



    
    0411集会井戸弁護団長講演.pdf
    ダウンロードできます
    http://ux.getuploader.com/westjapan/download/4/0411_ido_lecture.pdf

     

    子ども脱被ばく裁判会報「道しるべ」

    道しるべ 第5号
    道しるべ 第6号
    意見陳述集1ブックレット注文

    支える会・西日本通信

    署名

    学習会

    会員募集

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    リンク

    意見陳述集

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR