樋口元裁判官の言葉

  • 2019.05.04 Saturday
  • 10:40

 

大飯差し止め元裁判長、津で講演 原発危険性「若い世代に」

 

https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019042801001783.html

 

2014年に関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を認めない判決を出した福井地裁の元裁判長樋口英明氏(66)が28日、津市で講演し「原発の危険性が分かった以上、それを伝えていくのが私の責任だ。特に、何の責任もないのに負担を負ってしまっている若い世代に伝えたい」と訴えた。

 樋口氏は、原発の稼働を巡っては首相のほか地元自治体の首長、原子力規制委員長、裁判官が責任を負っていると指摘。「そのうちの誰か1人が判断すれば原発を停止させられるのに、そうなっていない」との見方を示した。

(共同)
主催団体「彦根・愛知・犬上 原発のない社会をつくる会」がとてもわかりやすい講演要約を発行しておられます。
本当に大切な言葉を裁判の判決で語られた樋口元裁判官
根本的な事実と、司法の責任に基づいたシンプルな論理を
私たち一人一人が受け取って、伝えて行きたい。

 

子ども脱被ばく裁判会報「道しるべ」

道しるべ 第5号
道しるべ 第6号
意見陳述集1ブックレット注文
道しるべ 第7号
道しるべ 第8号
道しるべ 第9号
道しるべ 第10号
道しるべ 第11号

支える会・西日本通信

署名

学習会

会員募集

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

意見陳述集

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR