今年もよろしくお願いします。

  • 2017.01.02 Monday
  • 17:16

 

「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本の皆さま

新年あけましておめでとうございます。


旧年中はお世話になりました。


今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 



問題の表層へ行けばいくほど、私たちは違っているということが感じられます。


同じ脱被ばくを意識していても、立場や知識や能力等によって日常の過ごし方は様々です。



ましてや裁判となると、原告、被告、裁判官、傍聴者・・と


立場ははっきりと分かれています。



しかし何度も傍聴を重ねて思うのは


本当に問題とされるべき存在はここ(法廷)にいないのかもしれないということ。


ここにいる人は同じように被害を受けている人であるということ。

 



前回「同じ父親として」聞いてほしいと、被告席に呼びかけた原告Uさん


苦しい体験をつづって、当日病気治療で欠席だったNさん


代読したのは、同じく体調を悪くされている原告Sさん



子どもを持ったり、自分の体調変化などで被ばくの問題に向き合わざるを得ない立場の人と


やがて同じ問題にぶつかるかもしれない被告の人たち


「法的責任はなかった」と反論しながら、うつむいている被告席の人たち


「支援者」も当事者であることは間違いない脱被ばく問題




裁判という場ではありますが、個人が集まっている場所です。


深いところにつながる一点を明らかにしつつ


今年一年も取り組んでまいりたいと思います。


一層のご注目をお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支える会・西日本通信

署名

学習会

会員募集

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

リンク

会報「道しるべ」・意見陳述集

道しるべ 第5号
道しるべ 第6号

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR