もう黙ってられない! 原発なくせ! ちばアクション (2015年9月28日)

これは酷い!! 子どもたちに放射能ゴミを掃除 Npo法人 ハッピーロードネット

http://blog.goo.ne.jp/chiba20110507/e/d7a3686d936e64f5e4c3484e4a437d87

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
福島民報 (2015年10月4日)

6号国道美化、若い力を結集 来月10日5年ぶり一斉清掃

https://www.minpo.jp/news/detail/2015092325504

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
特定非営利活動法人ハッピーロードネット

http://happyroad.net/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事のアドレス http://starsdialog.blog.jp/archives/44606349.html

 
(編集者コメント)

原発災害の加害者と報道機関が協賛し,政府,自治体,警察,青年会議所が後援し,高等学校,中学校が参加する

総がかり体制は,まさに「全体主義」にほかならない。全体主義は同時に,批判の能力と意思をもつ者を抑圧する

体制である。現代の全体主義には軍事パレードも,独裁者の演説も必要ない。

「9.19 違憲クーデター勢力がすでに国家権力をにぎっている」という状況判断ができなければ,ときには仲間(ら

しき者)にだまされつつ,ぼんやりと流されていくことになるかもしれない。

分断を避けつつ,徹底的な議論ができる市民社会をどうつくっていくのか,そのために個人の言語能力,認識能

力,他者の苦しみへの共感的理解力をどう育てるのか,明確な方向性をもつ「非暴力,不服従,直接行動」をどの

ように組織していくのか,わたしたちの前に,山のような課題と,可能性が問われている。