2018年始まりました。

  • 2018.01.02 Tuesday
  • 21:50

 2018年が始まりました。

 

旧年中は、皆様の温かいご支援をありがとうございました。

 

今年も「子ども脱被ばく裁判」へのご注目を

 

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

年末に福島県の第29回「県民健康調査」検討委員会が開催されました。

OurPlanetTV白石草さんの報告を紹介します。

 

甲状腺検査4巡目に向け激論〜学校検診の行方は?

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2204

 

小児甲状腺がん及びがん疑いの全体数は増えませんでしたが

手術を終えがんと診断された子どもたちは5人増え、156人となりました。

 

しかしその中に、経過観察中のがんの発症で、調査の中に含まれないという子どもさんが

少なくとも8人県のデータに含まれていないことが

民間の支援団体「3・11甲状腺がん子ども基金」の行った

患者へのアンケート調査によって明らかにされています。

 

素人考えでも、その数が入っていない調査では正確な検討ができないと感じますが

その数を把握することが今のところ予定されていません。

それどころか、過剰診断、検査を縮小見直しすべきとの意見が出ているとのこと。

 

しかし15歳までの患者は過剰診断とは言えないことが明らかにされたようです。

 

OurPlanetTVより転載

これらの主張に絡み、終了後の記者会見では高野氏に質問が殺到。高野氏が「ほとんどが過剰診断」と述べたことについて、記者が15歳以下のケースについて問いただすと、高野氏は「15歳以下の剖検では、過剰診断はない」と回答し、15歳以下の甲状腺がんの発症が「過剰診断」ではなく、放射線被曝による過剰発生の可能性を否定できないことを強く示唆した。県のデータによると穿刺細胞診で悪性ないし悪性疑いと診断された194人のうち、診断当時15歳以下だった子どもは全体の3割弱にあたる53人にのぼる。

 

ママレボの和田秀子さんによるレポートも併せてお読みください。

 

「福島県民健康調査と体調に関するアンケート」結果 〜県立医大への不信感が浮き彫りに〜

http://momsrevo.blogspot.jp/2014/12/blog-post_67.html

 

ママレボ編集長通信No10 〜「住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」に異議あり!〜 

福島近隣県でも「健康調査」を求める専門家らの声

http://momsrevo.blogspot.jp/2014/02/no10.html

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 21:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    子ども脱被ばく裁判会報「道しるべ」

    道しるべ 第5号
    道しるべ 第6号
    意見陳述集1ブックレット注文
    道しるべ 第7号
    道しるべ 第8号

    支える会・西日本通信

    署名

    学習会

    会員募集

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    リンク

    意見陳述集

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR