スポンサーサイト

  • 2020.03.11 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    8月8日第5回口頭弁論傍聴速報

    • 2016.08.11 Thursday
    • 13:42

     

     

    8月8日15時 より福島地裁にて子ども脱被ばく裁判第5回口頭弁論が開かれました。傍聴速報をお届 けします。

     

     

     

    今回当たりました。

     

     

    署名提出  ご協力ありがとうございました。原告団より

     

     

     第一回署名 1560筆        これまでの総計     29201筆 

      

     第二回署名 3232筆           

     

     

                           

      今回は第三次提訴が行われましたが原告の保養等で意見陳述がなく、


    弁護団からの主張だけで、大変静かに法廷が進んだようでしたが、大きな進展があったとのことでした。

     

    大 きな進展は


    まず、子ども裁判に関して却下=門前払いされないことが確実になったこと。

     

    それ から、親子裁判に関する国の言い分に対する反論を行い、おおむね認められたこと。


    実質審議に入って行く土俵ができたということです。



     

    その他傍聴して 聞きとった国の言い分と、それに対する反論をいくつか紹介します。

     


    ●国がスピーディーなどによる情報を伝えなかったことについて、国は伝える義務はないと言うが、では誰に責任

     

    があるのか。

     


    災害対策基本法には 的確な情報提供、伝達ということが、自分たちで立てた防災基本計画の指針として示されてい

     

    る。


    ●100
    mSv/y以下は健康 影響が証明されないということについて、それは間違いである。

     


    すでに5年強の累積となる長期被ばくであり、放影研の寿命調査報告第14報にあるようにしきい値はない、

     


    被ばく量と発がんは相関関係がある事、幼いころの被曝ほど 発症率が高い等というところに国際的合意はある。

     




    ●20mSv/yは法的根拠がない。ICRP2007年勧告をもとにしているが、その 勧告はまだ、日本の法律にとりこまれていな

     

    い。
     それはリスクと利益をはかりにかけた政治的判断であり、憲法の理念に合致していない。

     



     
    ●内部被曝を無視しているのはおかしい。




    ●国は原告は他の損害賠償訴訟もして ると言うが、この裁判は原発事故への損害賠償ではなく、

     


    事故後すべき防護対策を怠ったことに対する損害賠償だから重複していないと主張。

     


     

    その他


     事故当初国がどのようなことを指示したのかまだあきらかではない それを情報公開して明らかにしていく。

     

     
     児玉龍彦教授の意見書に関しては、国は線量を伝える義務はないという立場なので反論もなかった。
    これから 審

     

     

    議がはじまる。



    原告のこと




    今回は初めて


    9歳の原告さんがお父さんと法廷に参加しました。


    代表して署名を裁判所に出してくれました。


    法廷内に原告として子どもさんの姿がある。

     


    裁判官に伝わるものが大きかったのではないでしょうか。

     


    被告の目にはどう映ったのでしょうか。
     

     


    後で記者会見の時

     



    「この子は最初浪江から津島地区に避難していたんだ」

     



    お父さんの無念の思いがその一言にこめられていました。


    まさにスピーディーの隠ぺいで、無用な被曝をさせられたのです。


    的確な情報提供、伝達の責任は誰にあるのか!

     


    国に義務がなかったなどとよくも言えるものです。




    次回期日は10月12日14時半からです。


    どうぞご注目ください。


    また署名を集め続けています。


    集めていただける方はご連絡下さい。用紙をお送りします。

     

     

     

     

     

     

     

     

    子ども脱被ばく裁判会報「道しるべ」

    道しるべ 第5号
    道しるべ 第6号
    意見陳述集1ブックレット注文
    道しるべ 第7号
    道しるべ 第8号
    道しるべ 第9号
    道しるべ 第10号
    道しるべ 第11号

    支える会・西日本通信

    署名

    学習会

    会員募集

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    リンク

    意見陳述集

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR